一人親方特別加入(愛知県全域対応)

 一人親方特別加入制度

国の労災保険制度では、労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする者「一人親方」を、労災保険への任意加入を認めている制度。

 

 

(加入できる方)

@建設の事業を行う一人親方(大工・左官・とび職・電気工事・塗装工事・機械の据付工事など) 

A一人親方が行う事業に状態として従事する家族従事者

 

イチダ社労士事務所では建設業に従事する一人親方、および中小事業主の皆様の特別加入手続きを行っています。

 

(対応地域)  愛知県全域

 

イチダ社労士事務所で特別加入するメリット

・労災の専門家、社会保険労務士が直接取扱いを行っています

・加入手続きだけでなく事故後の対応を行います

・運悪く労災事故に遭ってしまったとき迅速な対応が可能です

・療養(補償)給付、休業(補償)給付、障害(補償)給付等申請をいたします

*労災事故対応や支給申請手続きはとても複雑です、特別加入する場合には必ず上記4点を確認しましょう、対応が不十分であれば慎重に !!

*加入するだけではいざという時にとても不安です、しかしイチダ社労士事務所であれば安心して治療・療養等に専念できます。


【一人親方特別加入費用】

・入会金    10,000円

・年会費    1,000円(1か月)×12か月=12,000円

・保険料    (例) 給付基礎日額6,000円

                     12か月  41,610円

 

新規加入で給付基礎日額を6,000円で設定した場合12ヶ月(1年間)・・・63,610円

2年目からは12ヶ月(1年間)・・・53,610円

※保険料、年会費は月割りになっています。

以上の費用が必要となります。

 

  (1年分を月々に換算した場合・・・参考に)

    初年度・・・月々約5,300円

    次年度以降・・・月々約4,467円

 

   ※保険料はどこで加入されても同じ保険料で、違うのは入会金・月会費になります。

  


【保険給付の種類】

特別加入者が業務災害または通勤災害により被災したときに、所定の保険給付が行われ、併せて特別支給金が支給されます。

 保険給付の種類

 こうゆうときは

 保険給付の内容

特別支給金の内容 

 

療養(補償)

給付

 業務災害又は通勤災害による傷病について、病院等で治療する場合

 (労災病院・労災指定病院)

無料

 無し
 

休業(補償)

給付

 業務災害又は通勤災害による傷病による療養の為、労働することができない日が4日以上となった場合  休業4日目以降、休業1日につき(選択された)給付基礎日額の60%支給  給付基礎日額の20%
 

障害(補償)

給付

 業務災害又は通勤災害による傷病が治った後に障害が残った場合
 [年金]
(選択された)給付基礎日額の313日分〜131日分(等級により別途規定)支給
[一時金]
503日分〜56日分(等級により別途規定)支給
 第1級342万円〜第14級8万円(一時金)
 

遺族(補償 )

給付

 業務災害又は通勤災害により死亡した場合  [年金の場合]
遺族の人数によって支給される金額が異なる(選択された)給付基礎日額の153日〜245日分支給

[一時金の場合]
(選択された)給付基礎日額の1,000日分支給、ただし減額規定あり
 300 万円(一時金)
 葬祭料  業務災害又は通勤災害で死亡した者の葬祭を行うとき  (選択された) 給付基礎日額の 60 日分か 31 万 5 千円+給付基礎日額の30日分のいずれか高いほうを支給 無し
 

介護(補償 )

給付

 介護(補償)給付は、障害(補償)年金又は傷病(補償)年金の第1級の方すべてと2級の精神神経、胸腹部臓器の障害を有している方が現に介護を受けている場合に支給  常時介護と随時介護、また親族等が介護をしている場合などによって異なる  無し

休業補償の支給要件は「全部労務不能」であることが条件となります。