36協定(5,000円〜)

 36協定(サブロク協定)・・・労働基準法第36条における協定のこと。

 

 

 労働基準法(第32条)

使用者は、労働者に休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。

(2)使用者は、一週間の各日について8時間を超えて、労働させてはならない。

 

 労働基準法(第36条) 

使用者は、労使協定をし、これを行政官庁(所轄労働基準監督署)に届け出た場合には、第32条から第32条の5まで若しくは第40条の労働時間又は第35条の休日に関する規定にかかわらず、その協定(サブロク協定)の定めるところによって労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。

 

(ポイント)
 ・休憩時間を除き一週間について週40時間を超えて、労働させてはならない
 ・休憩時間を除き一日について8時間を超えて、労働させてはならない

 

 労働基準法では上記のように残業してはダメ、休日労働をしてもダメということになります。しかし、現実には不可能なことです。そこで36協定が必要になってくるわけです。 
 36協定(サブロク協定)を届出ることにより法定労働時間及び変形労働時間制による労働時間を延長することが可能になり、法定休日に労働をさせることも可能になります。

 

 

(時間外労働限度時間)

 期間 限度時間  限度時間(*) 
 1週間  15時間  14時間
 2週間  27時間  25時間
 4週間  43時間  40時間
 1ヵ月  45時間  42時間
 2ヵ月  81時間  75時間
 3か月  120時間  110時間
 1年間  360時間  320時間

*1年単位の変形労働時間制の場合。