是正勧告を受けるケース

1.法定労働時間を超えた労働をしている

2.就業規則を届出していない(10人以上の事業所)

3.36協定の届出をしていない

4.残業等による割増賃金を支払っていない

5.定期健康診断等行われていない

6.賃金台帳や労働者名簿の不備等

7.雇用契約書が無い又は労働条件等を明示していない