中小企業定年引上げ等奨励金

「65歳以上の定年引上げ」、「定年の定めの廃止」、「希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度の導入」、65歳前に契約期間が切れない契約形態による希望者全員を対象とする65歳以上までの継続雇用制度(65歳安定継続雇用制度)」を導入した中小事業主に対し、導入した制度に応じて一定額が支給されます。

 


◆支給対象となる事業主

1.雇用保険の適用事業の事業主

2.実施日から起算して1年前の日から当該実施日までの期間に高齢法8条及び9条を順守していること

3.事業市が平成21年4月1日以降、就業規則により「65歳以上の定年引上げ」、「定年の定めの廃止」、「希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度の導入」、65歳前に契約期間が切れない契約形態による希望者全員を対象とする65歳以上までの継続雇用制度(65歳安定継続雇用制度)」の導入を実施したこと

4.中小企業定年引上げ等奨励金の申請日の前日において、1年以上継続して雇用されている60歳以上の常用被保険者が、1人以上いること

 

(受給額)  20万円〜120万円

 


(お知らせ) 

 平成25年3月31日で中小企業定年引上げ等奨励金は廃止。

 

 

ご依頼はイチダ社労士事務所までご連絡ください

(手数料)

成功報酬型・・・助成金受給額の10%+就業規則変更費用(20,000円)