中小企業基盤人材確保助成金

中小企業基盤人材助成金は、都道府県知事の認定を受けた改善計画に従い、新分野進出等(創業・異業種進出)に伴い新たに経営基盤の強化に資する労働者(新分野進出等基盤人材)を雇入れた場合、または生産性を向上させるための基盤となる人材(生産性向上基盤人材)を新たに雇い入れ又は大企業等から受け入れた場合、これらの基盤人材の賃金相当額として一定額を助成します。また、これらの基盤人材の雇入れ・受入れに伴い、一般労働者を雇い入れる場合には、当該一般労働者の賃金相当額として、さらに一定額を助成します。

 


(支給額)

【新分野進出等に係る基盤助成金】

  • 基盤人材の雇入れ・・・140万円/人
    (雇用失業情勢の改善の動きが弱い地域は210万円/人)
  • 一般労働者の雇入れ・・30万円/人
    (雇用失業情勢の改善の動きが弱い地域は40万円/人)

【生産性向上に係る基盤助成金】

  • 基盤人材の雇入れ・受入れ・・・140万円/人
    (小規模事業主の場合は180万円)
  • 一般労働者の雇入れ・・・・・・・30万円/人
    (小規模事業主の場合は40万円/人)
  • 基盤人材については、新分野進出等に係る者、生産性向上に係る者を併せて1企業あたり5人までを限度とし、一般労働者については1企業あたり基盤人材と同数までが限度となります。